FC2ブログ

共同リネ日記(仮)
友人3人で共同で付ける、オンラインゲーム「リネージュ2」(ドビアンヌ鯖)の日記です。メセニー最高。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リファインプロジェクト

「モヒカンにしたかった。なぜこうなってしまったのかはわからない」
b









「かっとなってジオング。今は反省している。」
aa




*露店状態で誓いセットの装備を解除すると、このような現象がしばしば
見られました。

スポンサーサイト


  1. 2006/10/27(金) 23:52:05|
  2. 日記:博麗|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

おばあちゃん達の話

//////////おばあちゃん1//////////

最近ときどき朝の6時ころに目が覚めるので
そういう時は走りにいくようにしてみた。

早朝6時。






グランドラインにはでくわさないけど


グランドマザーならそこら中にいる








犬の散歩してる人とか、おじおば夫婦で散歩してる人とか。。。

あの人達は知らない相手にもナチュラルに「おはようございますー」

て挨拶できるから、返すこちらもさわやかな気分に。


///////////おばあちゃん2//////////


新しい背広で就活に向かったときのこと・・・。

残暑の日差しを浴びつつ、駅のホームで電車をまっていると・・・








「あら、ねえねえ」






と背後から声をかけられ振り向くと、少したれ目の人の良さそうな

年配の奥方。







「はい・・・?」











「背広の裾に、仕立て糸付いてるけどねえ・・・」


「え・・・・・・・ウボァっ('A`)!!


「おっほっほっほっほ(笑)」







「まだ付いてたんですね・・・見逃してましたorz」

「おほほ、私とってげましょうね」

「どうもすみません・・・・」








駅のホームで見知らぬ老女史に糸をとってもらうマヌケ。








「奥さんは気づいてくれないの?w」




「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おりません」










優しさが痛い
(やっぱおっさん顔なんだな俺・・・・)







/////////おばあちゃん3/////////////



母方の祖母の家に帰ったときのこと・・・・。










「もうそげん河童も見かけられんようなっとーねぇ」



「河童てどゆことねばあちゃんΣ (゚Д゚;)!?」



「河童は河童たい」




昭和初期の時代、妖怪は比較的身近な生き物だったそうです



  1. 2006/10/07(土) 14:53:17|
  2. 日記:博麗|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

リネ日記

道端につったったまま離籍している人を発見したので
軽くいたずら。

aaa








aaaa

離れて観察。
ときおり「なんだなんだ?」と兄弟達が近寄って周りを
うろうろしている。


しばらく眺めた後、自分も風呂離籍することに。

数十分後もどってみると、アデナも澪佳も消えてました。

「戻ってきてどこかへ移動したか・・・」

と思いつつ、ログをみていると、澪佳の復帰直後の発言らしきもの発見





「な、なんか知らない人が私の
周りをウロウロしてる(((( ;゚Д゚)))」



軽い恐怖体験だった模様。














さて、C5から新たなフィルター機能が追加されてるの、皆様お気づき

しょうか。
o

下のほうの黄色でくくってる部分。

ここをHDRレンダリングCにすると
景色が激変

HDRレンダリングC無しの時と有の時を比べてみましょう。


aa1


aa2




c


cc






a


aa



世界が輝きはじめた

これによりネージュの観光の醍醐味が大幅にパワーアップしました。

そして一番うれしいのは・・・・・














OE光が







d







ライトセーバー並の輝きを
見せるようになったこと




HDRレンダリング導入万歳



  1. 2006/09/23(土) 15:33:23|
  2. 日記:博麗|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

チュチュチュチュチュチュチュチュチュチュチュ

























リンダ







幼女を激しく追いかけた.




  1. 2006/09/16(土) 00:37:49|
  2. 日記:博麗|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

フグ調理師免許

私の音楽人生の重要な柱であるウィンダムヒルレーベル。

あの会社の音楽はジャンルでいうとなんだろうか、
ポップスやロックから遠いし、ジャズでもないし別に
クラシックというほどでもない。
ギター(orストリングス系)&ピアノのインストや、
各国の伝統曲調っぽいのがしばしば目につく。
レーベル全体に共通する、独特の雰囲気があるのは間違いない
のだけど、まぁ結局、「強いて言えば癒し系」という無難な区分け
になってしまう。
「癒し系」なんて言葉で簡単に終わらせんじゃねえ!!
とは思えど、人にさっと説明するときはやっぱり
「癒し系っぽい」ってのが
一番手っ取り早くイメージが伝わるからなぁ。



ちなみに、いつか金銭的に余裕のある時期がきたら、レーベルのCD
全部購入するという夢があったり。
そんくらい好き。

(春人に昔聞かせたナイトノイズ、スコット・コッス
ハーギーに聞かせたThe Courtyard、あれらがウィンダムヒル)








で、




こないだレーベル創始者ウィリアム・アッカーマンへのインタビュー
記事を読んでました。
するとその中で、インタビュアーがこのレーベルのジャンル
についての質問をした。




インタビュアーGJ




はやる心を抑えつつ、丹念に先を読み進めると
ウィリアム・アッカーマンはこう答えた-----

"ニューエイジ、とも呼ばれるがウィンダムヒルは「ニューエイジ」
という言葉が普及する以前から存在していたし、今では「コカ・コーラ」や
「バンドエイド」と同じように、一つのブランドを確立しています,


つまり--------------------














Windham Hill is just Windham Hill!"












!!!!!!!!











濡れた





おっと失礼間違えた












しびれた







シンプルでかっこいい答えだ・・・・・・・・。







さて、ここで日記を終えると
ラストの下ネタのためだけに
この日記を書いたと思われそうだが、
私はただ純粋に、
日々の中で感動した
ことを書き記したかった
だけだと、一応の記述をしておく。
ほんとだ、ほんとなんだ




  1. 2006/09/07(木) 22:29:07|
  2. 日記:博麗|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。